English    


トップページ 仕様 対応車種 購入 サポート


Google Play から無料でダウンロード!

Free !

OBD Driver
OBD Driver Free をダウンロードする





「 OBD Driver 」とは

 OBD Driver は車のリアルタイム燃費計測アプリです。車の故障診断コネクタ(OBD2コネクタ)から情報を取り出して、燃費を計算し、表示します。
 OBD Driver は Android OS 2.3 以上のスマートホン、タブレットなどに幅広く対応しております。(端末にはシリアル・ポート・プロファイル SPP を搭載した Bluetooth 通信機能が必要です)

故障診断コネクタへ取り付ける OBD Bluetooth アダプター はお客様にてご用意下さい。
燃費計
車両取り付け例



「 OBD Driver 」の機能

燃費計
表示例1
(拡大画像はこちら)


地図と情報マーカーを表示

左記はマーカーに瞬間燃費の情報を付与して走行した例です。マーカーの色が瞬間燃費の値と共に刻一刻と変化します。(赤色:燃費悪い 水色:燃費良い 紺色:燃料カットで燃費無限) マーカーに付与する情報は速度やエンジン回転数、冷却水温など自由に選択できます。
地図表示には Google Map V2 を採用しましたので、平面地図だけでなく立体地図も表示できます。また Google が提供する渋滞情報も表示できます。
地図はページ1〜6で独立しているので、ページ1はマーカーに瞬間燃費を、ページ2はマーカーに冷却水温を付与するなど、ページの目的に合わせた表示が可能です。
燃費計
表示例2
(拡大画像はこちら)


燃費博士が登場

豊富なセリフで燃費博士がエコドライブを厳しく指導します。博士に褒められる運転を続ければ、燃費は自然と向上します。
博士を表示する・しないは、ページ毎に指定できます。また、博士の表示位置や大きさも自由に変更できます。
燃費計
表示例3
(拡大画像はこちら)


アナログメーター表示

視認性の良い、アナログメーター表示を採用しました。車速やエンジン回転数などのセンサー情報をはじめ、瞬間燃費や平均速度など、最大35種類の情報をアナログメーターで表示できるようになりました。
また、設定ファイルを記述することで、メーターの色やゼロ指針角度などを自由にカスタマイズできます。
燃費計
表示例4
(拡大画像はこちら)


タグ情報表示

情報を画面の好きな場所にタグのように貼り付けて表示できるようになりました。アナログメーター上に瞬間燃費を重ね合わせる等、表示の自由度が向上しました。
燃費計
表示例5
(拡大画像はこちら)


ウィンドウ表示

旧燃費博士で定評のありました、文字とグラフによる情報表示がウィンドウ表示になりました。
旧燃費博士では表示位置が固定でしたが、ウィンドウ表示を採用したことにより表示を任意の場所に移動できるようになりました。
ウィンドウを複数表示すれば、1画面で多数の情報を確認・比較できます。
燃費計
表示例6
(拡大画像はこちら)


画面はたっぷり6ページ

1ページに最大10個のウィンドウ、アナログメーター、タグ情報を表示できます。ページをタップすると次のページを表示します。
燃費計
表示例7
(拡大画像はこちら)


簡単操作で全画面表示

ウィンドウ、アナログメーター、タグ情報をダブルタップすると全画面表示に切り替わります。もう一度ダブルタップすれば元の大きさに戻ります。
燃費計
カスタマイズ例
(拡大画像はこちら)


画面を詳細にカスタマイズ

この例では背景にメタリック画像を指定し、アナログメーターの色と指針位置をカスタマイズしています。
お客様だけのオリジナル・メーターが簡単に作れます。

※ カスタマイズにはパソコンの操作が必要です。

表示データ詳細    ※ 表示できる情報は車種により異なります。
情報番号表示情報説明
0速度現在の速度です。
1エンジン回転数現在のエンジン回転数です。
2冷却水温度現在の冷却水温度です。
3吸気温度現在の吸気温度です。
4吸気管気圧現在の吸気管(インテーク)の気圧です。
5吸入空気量現在の吸入空気量です。
6点火時期現在の点火時期です。
7エンジン負荷現在のエンジン負荷です。
8スロットル開度現在のスロットル開度です。
9短期間燃調現在の短期間燃調です。
10長期間燃調現在の長期間燃調です。
11O2センサー電圧現在のO2センサーの電圧です。
12相対ギア比現在の速度とエンジン回転数から計算した相対ギア比です。
13バッテリー電圧故障診断コネクタのバッテリー電圧です。
14燃料消費1秒現在の(1秒間の)燃料消費量です。
15燃料消費1分過去1分間の燃料消費量です。
16瞬間燃費現在走行中の燃費です。
171分間燃費過去1分間の燃費です。
18区間燃費特定区間の燃費です。メニュー操作でリセットできます。リセットした地点から再び燃費計測を開始します。
19今回燃費運転を開始してから現在までの燃費です。
20旅行燃費旅行に出かけたときなどの燃費です。アプリを終了しても値は保持されます。メニュー操作でリセットできます。
21平均燃費アプリを利用開始してから今までの累計の平均燃費です。アプリを終了しても値は保持されます。メニュー操作でリセットできます。
22100m 燃費100メートル走行毎の燃費です。100メートル走行するのに使用した燃料量から燃費を計算して表示します。停車すると値がクリアされます。より良い発進加速の探究にお役立て下さい。
23速度領域燃費0 ~ 120km/h を 5km/h 毎に分割して計算した燃費です。グラフを見れば、どの程度の速度で走れば燃費が良いか、一目瞭然です。
24今回距離今回の運転距離です。
25旅行距離旅行に出かけたときなどの運転距離です。アプリを終了しても値は保持されます。
26累計距離アプリを利用開始してから今までの運転距離です。
27今回燃料今回の運転での燃料消費量です。
28今回燃料代今回の運転での燃料代です。
29旅行燃料旅行に出かけたときなどの燃料消費量です。アプリを終了しても値は保持されます。
30旅行燃料代旅行に出かけたときなどの燃料代です。アプリを終了しても値は保持されます。
31累計燃料アプリを利用開始してから今までの累計の燃料消費量です。
32累計燃料代アプリを利用開始してから今までの累計の燃料代です。
33累計CO2アプリを利用開始してから今までの累計の二酸化炭素排出量です。
34今回時間今回の運転時間です。
35停車時間今回の運転での停車した時間です。
36停車時間率今回の運転での停車した時間の割合です。
37停車中燃料消費今回の運転での停車中の燃料消費量です。
38停車中燃料消費率今回の運転で消費した燃料に対する、停車中の燃料消費量の割合です。
39平均速度今回の運転の平均速度です。
40運転スコア今回の運転のエコ運転スコアです。(100点満点)
41燃料カット走行距離比率エンジンブレーキ時に、燃料を使わずに惰性で走った距離の割合です。この数値を大きく(割合を高く)するように走れば、燃費向上が狙えます。
42エンジン停止回数今回の運転でのエンジン停止回数です。アイドリング・ストップした回数と同等です。ハイブリッド車では走行中にエンジンが停止した回数もカウントします。
43エンジン停止時間今回の運転でのエンジン停止時間です。アイドリング・ストップした時間と同等です。ハイブリッド車では走行中にエンジンが停止した時間も計測します。
44エンジン停止時間率今回の運転時間に対する、エンジン停止時間の割合です。
45エンジン停止走行距離エンジンが停止した状態で走行した距離です。ハイブリッド車ではモーターだけで走行した距離と同等です(一部のハイブリッド車を除く)。この距離を伸ばすように走れば、燃費向上が狙えます。
46エンジン停止走行距離率今回の運転距離に対する、エンジン停止状態で走行した距離の割合です。この数値を大きく(割合を高く)するように走れば、燃費向上が狙えます。
47X軸加速度スマートホンのX軸加速度です。
48Y軸加速度スマートホンのY軸加速度です。
49Z軸加速度スマートホンのZ軸加速度です。
50GPS緯度スマートホンのGPS緯度です。
51GPS経度スマートホンのGPS経度です。
52GPS標高スマートホンのGPSで取得した標高(高度)です。
53GPS移動速度スマートホンのGPSで取得した移動速度です。
54年月日現在の日付です。
55時分秒現在の時刻です。



アプリケーション仕様
品名 有料アプリ: OBD Driver
無料アプリ: OBD Driver Free
対応端末 下記の条件を満たすスマートホンおよびタブレット端末
1. Android OS バージョン 2.3.3 以上
2. Bluetooth 無線通信搭載でシリアル・ポート・プロファイル(SPP)対応のもの
対応するOBD機器 ELM327 バージョン 1.2 以上を搭載した市販の OBD Bluetooth アダプター
動作確認済みの機器はこちらをご覧下さい。
対応車種 SAE J1962 コネクタ(16pin台形)を装備し、OBD2通信に準拠した車両
通信方式 以下のいずれかの通信方式を自動で検出
  SAE J1850 PWM (41.6Kbps)
  SAE J1850 VPW (10.4Kbps)
  ISO 9141-2 (5 baud init)
  ISO 14230-4 KWP (5 baud init)
  ISO 14230-4 KWP (fast init)
  ISO 15765-4 CAN (11 bit ID 500Kbps)
  ISO 15765-4 CAN (29 bit ID 500Kbps)
  ISO 15765-4 CAN (11 bit ID 250Kbps)
  ISO 15765-4 CAN (29 bit ID 250Kbps)
  SAE J1939 CAN (29 bit ID 250Kbps)

以下のいずれかの通信方式を手動で設定
  TOYOTA CAN , TOYOTA K-LINE , SUZUKI K-LINE , DAIHATSU K-LINE
  ISO CAN 11bit ID 物理アドレス0 , ISO CAN 11bit ID 物理アドレス2
  ISO CAN 29bit ID 物理アドレス0 , ISO CAN 29bit ID 物理アドレス2
表示項目 最大56種類(上記参照)  ※ 表示できる情報は車種により異なります。
使用単位 以下を設定画面にて切り替え
距離単位 km、mile
燃料単位 liter、gallon(アメリカ単位)
燃費単位 km/liter、mile/liter、mile/gallon、km/gallon
 二酸化炭素グラム/km、liter/100km
温度単位 摂氏℃、華氏℉
通貨単位 円、ドル、ユーロ、ポンド、ルーブル、PLN
使用言語 日本語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、ロシア語、ポーランド語
ログデータ保存機能 全情報(56種類)から任意の情報を選択して、指定の周期でリアルタイムにファイルへ保存。
アラーム機能 アラーム可能な情報(速度、エンジン回転数、冷却水温、スロットル開度)の中から任意の情報を選択して色と音で警告。最大同時に三つまで警告可能。
カスタマイズ機能 XMLファイルに設定内容を記述して指定のディレクトリに保存する。設定可能な項目は23項目。画面の背景画像やグラフ画像を指定する、情報の表示更新周期を指定する、アラーム動作値・警告音を指定する、など。
配布方法 Google Play から無料でダウンロードしてインストールする。
配布URL https://play.google.com/store/apps/details?id=com.obddriver.free&hl=ja
※ 仕様は予告なく変更することがあります

トップページ 開発者より 関連リンク English
Copyright (C) 2019 Kazuhisa Ishida All rights reserved.